自分の肌のこと、しっかり考えよう

6月 1, 2021 スキンケア

肌の日焼けについては年間を通じて対策をしなければいけないと数年前の夏に実感しました。安価な日焼け止めクリームを使用したこと、肌自体の老化、強烈な紫外線によるダメージで目の下の出っ張りを中心に顔が真っ赤になりました。
http://www.harewoodfair.com/

少しの風が吹いて来るだけでもヒリヒリと痛み、冷やせば何とかなるだろうと考え、冷水で洗顔をしましたが逆効果。夜もまっすぐに仰向けにならないと眠れないほどでした。朝になってもヒリヒリとした痛みは消えず、すっぴんのまま、最寄りの皮膚科を受診しました。

皮膚科では今の自分の肌のことをよく知っておくようにと言われ、高価にはなるが紫外線吸収剤が含まれていない日焼け止めを使うよう指示されました。そして、皮膚科から処方してもらった肌を保護する薬を朝と晩に薄く肌に塗り続け、数日。あんなに痛かった肌の痛みが軽減。洗顔も辛くなく、晴れやかな気持ちになりました。

その後は以前のような肌の痛みが出ることはなく、時々、女性ホルモンの関係で吹き出物や発疹が出ることはありますが、継続的に皮膚科に通院していることで改善しています。肌のことを軽く考えることはなくなり、肌へのストレスは減ったと思います。

日焼けを甘くみてはいけない、そう実感させられた肌トラブルですが、なんとか解決しました。しかし、これから加齢は加速していきます。だからといって安易にオールインワンタイプのスキンケアグッズを使用するのではなく、しっかりと自分の肌に合ったものを選んでいこうと思います。肌の調子が良いと気分も明るくなれますからね。

投稿者: ebina