年代別のダイエットについて

6月 1, 2021 ダイエット

肥満は年代によっても違いがあると言われています。
赤ちゃんにもお母さんの食事の与え方で肥満になることもあると言われています。
肥満とダイエットは相対するものですが、昔の日本では、ダイエットなんていうのはそれほど話題になっていないと思います。
肥満は戦後のここ最近のことだと思います。

これはやはり戦後の食事の変化でしょう。
私の子供時代はほとんど昔の和風の食事でした。
殆どが魚とか野菜もの中心でした。
肉類を食べるようになったのは、洋風の食事が入ってくるようになった来て、それが日常にもなってきたことが一因だと思います。

履いたら痩せる?グラマラスパッツのむくみケア効果と私の口コミ評価!

子供たちも最近はマックとかケンタッキーにも行くようになりました。
それで若いときから肉類になじんでくるようになったのです。
いまや子供の肥満もあります。
また子供たちも大人になって、会社に勤めるようになると外食するようになりました。
それで外国の肉料理を食べるようになったことも肥満の一因でしょう。
それによっぽど意識しないと運動をしなくなったのです。
昔は結構皆歩いていたのですが、近頃は町では、公共の交通手段も発達して、歩かなくなったのです。
勤め人はもう自動車とかバスが多いですね。
それで栄養十分の食事では、ある程度の歳ごろになると肥満になるのだと思います。
それで健康診断等でダイエットせよと言われることも多くなったのです。
この勤め人の時のダイエットは今はいろいろは方法があると思います。
基本的の一番は食事に気をつけることでしょう。
高カロリーのものはなるべく制限するのがダイエットには一番です。
後は運動です。
いまはジムもあります。またプール等もあります。
またゴルフやテニスもいいでしょう。
昔よりはその運動の種類も多くなっていると思います。
男の人の注意はお酒でしょうかね。
お酒は適量ですと、体にはいいでしょうが、度が過ぎると肥満の元になります。
お酒が入ると、食べ過ぎることが原因ですね。

歳を取ると大抵の人は少食になります。
やはり胃も歳を取ってくるのでしょう。
それでも肥満だと言われる人は、やはり自分で制御しなければと言うことになります。
そこで余裕があればジムに通うのも1手段です。
後は手ごろなのはやはり散歩だと思います。
万歩計を持って歩くと楽しくなると思います。
これで自然にダイエットになるでしょう。

投稿者: ebina