孤高の髪とともに生きる

6月 4, 2021 ヘアケア

昔からどうしたってどうにもならない悩みの種、親譲りの剛毛とスパイラルパーマ宜しくまるで意思をもったかのように好き勝手な方向へトグロを巻くうねり髪のフルコンボな髪質。

http://www.turnitupbigtime.com/

ストレートパーマを当てていた時期もあったのだけれどいかんせん、どうにも毛先の痛みが増してしまって毛先が絡まったら最後櫛も通さぬ関所が乱立してしまう朝。雄々しいライオンの立髪のように広がる髪でも櫛が通る方がまだましというもの、というわけでもうストレートパーマも諦めてしまった。

もちろん髪質改善のトリートメントやシャンプーリンスなどはお試し済み。地方住みだが、一度東京に行った時には3万円もする髪質改善コースを受けたことだってある。それでも、何も変わらなかった。施術直後はそれは間違えるほど綺麗にしてもらえて、その日はウキウキで過ごせるけれど…ひとたびお風呂でシャワーを被ればいつもと何も変わらぬ「ザ私の髪質」が我が物顔でそこにいるのだ。まあ私の髪だから我が物顔もないのだけれど。

学生時代からなけなしのバイト代で高めのシャンプーリンスを買ったり、パーマをしてきたことを考えても、私の青春時代の悩みの8割はこの髪だった。そして今も7割だからあまり変わらない。

1割減ったのは何故かって?

それは諦めだ。

なにものにも染まらない、頑なに他者を拒む孤高の髪質。

もはやこれが私のアイデンティティだと、今日も鏡の前で1時間ほど手間暇かけて人前に出られるくらいの髪質に擬態させるのだ。

投稿者: ebina