重力にはさからえない悩み

6月 7, 2021 バストケア

若かりし頃には一度激やせしてしまい、フェリシモもAAAのブラジャー(しかもアンダー65センチ)をしていた時期もありましたが、現状は「垂れるほどないだろう」と別の意味で油断をしていました。ところが中年になり、結婚し、二度の妊娠と出産、しかも二番目の娘はとにかく母乳好きで、三歳までしっかり飲んでくれた結果、乳首の色は微妙に黒くなり、あまり無いのに、垂れ気味のバストになりました。そんなにたくさんのお金は使えませんが、フェリシモで「背筋が伸びるヨガブラ」を月に一枚ずつ購入しています。年齢とともに垂れていくのは仕方ないとは思いますが、「上をむいたバスト」には憧れます。

ルーナブラ効果

徐々に薄着の季節になりので、余計に気になりますね。激やせしている時はどうしても洋服に「たるみ」が出てしまって、それもコンプレックスでしたが、大きなバストの子が「痴漢にあった」とか「ブラジャーが無くて困ってるの」と言っている姿をみると、どこか自慢げに聞こえてしまい、コンプレックスを刺激してくる感じがします。

バストが綺麗だと所詮モテるのよ、と言われると何だかとてもコンプレックスを刺激してしまい、「モテるから男性に困らない」という図式ができてきてしまいます。重力との闘いは続きます。

投稿者: ebina