ハウスメーカーのチャラい男

6月 11, 2021 婚活

私が若い頃、良い雰囲気になっていた2つ年上の男性がいました。その人は某ハウスメーカーで働いていること以外あまり素性のわからない人でした。
数回デートを重ねていくうちに徐々に2人の距離は縮まり手を繋いで歩く程になっていました。
ある日の深夜のデートで
彼「今日は特別な所へ連れて行ってあげる」
と言われ期待を胸に彼の車に乗りました。

シングルマザーの婚活!

少し走った先は住宅街。
更地にポツリポツリと家が数件建っています。
車が止まり
彼「ここだよ」
と着いた先を見ると1件の新しい家。
彼「これ俺が担当したいえなんだ。もう少しで引き渡しするんだよ。さぁ降りるよ」
と言われ彼に続いて私は車を降りました。

私はえっ?えっ?と思いながらも

その家にどんどん歩いていく彼。
鍵を出して家の扉を開けて中に入っていくではありませんか!

こんな夜に良いのかな?と思いつつ家を案内してくれる彼の後をついて回る。
最終的にソファーでくつろぎ出した彼。
カーテンは無いので外から丸見えですが、家もほとんど無ければ人も歩いていないような場所の為、気にもしていない様子。

彼「ここ座んなよ」
と彼の座っている横をポンポンとたたく。
とりあえず私も座ることにしました。

すると、、、

キスをしてこようとする彼!

いや、こんなところでか!!
常識的に考えて人が一生懸命働いてローン組んで建てた家に勝手に上がり込んでそれは無い!!!

そう思いバチンとビンタを食らわせて
家から引きずり出し、私の家まで送らせて二度と会うことはありませんでした。

そんな不真面目な遊び男には二度と引っかかるまいと誓った私です。

投稿者: ebina