加齢臭対策に良い食材を紹介します

10月 25, 2020 臭いケア

体を洗う際は、皮脂が多く分泌される耳の後ろや首の後ろ、胸や背中などを中心に洗いましょう。加齢臭に対応した薬用のボディソープを使うことも効果的です。おすすめは、ニオイの原因であるノネナールを除去することが実証されている柿渋エキスが配合された「柿のさち薬用柿渋ボディソープ」です。口コミや評価も高い商品になっています。

プルーストクリーム

加齢臭対策は清潔な体を保つことでした。しかし、いくら清潔な体を保っていても、体の内側のケアを怠ると加齢臭対策も無駄になってしまいます。ここでは加齢臭を予防するための生活習慣について、詳しく紹介していきたいと思います。

加齢臭を抑えるには、加齢臭の原因であるノネナールを発生させないようにすることが重要です。ノネナールは過酸化脂質と脂肪酸が結びつくことで発生しましたよね。ですから、脂肪酸の原料となる肉類、バター、マヨネーズなどの脂質を摂取することを控え和食中心の食生活にしましょう。そして、過酸化脂質の元となる活性酸素を減らす効果のある、ビタミンCやEを含む野菜や果物を食べるようにしましょう。

ビタミンCは野菜だとトマト、ブロッコリー、ピーマン、果物だとレモン、キウイ、イチゴなどに多く含まれています。ビタミンEは野菜だとアボカド、アスパラガス、果物だとレモン、キウイ、ブドウなどに多く含まれています。ビタミンCとビタミンEは一緒にとることで抗酸化作用がより向上しますので、一緒にとることをおすすめします。また、活性酸素によってダメージを受けた細胞を再生させる抗酸化作用がある栄養素を摂取することも重要です。例えば、緑茶のカテキン、大豆のイソフラボン、赤ワインに豊富なポリフェノールなどです。

このような食生活を送りながら、ストレスをためこない生活習慣を心がけましょう。人間はストレスを感じると体内で活性酸素が発生するため、過酸化脂質が大量に増えてしまうことにつながってしまいます。休みの日は趣味を楽しんだり適度な運動をしたりして、日頃のストレスを発散させるようにしましょう。

加齢臭について、その原因や対策、予防について書いてきましたが参考になりましたでしょうか。年齢が増すごとに加齢臭になりやすくなりますが、予防や対策をおこなえばニオイを最小限に抑えられます。加齢臭対策をきっちりして、周りを不快にさせないステキな大人を目指しましょう。

投稿者: ebina