カテゴリー: スキンケア

やせすぎによる肌の衰え

同じ年代でも若く見える人と、そうでない人がいますが、なんといっても肌質による差は大きいと思います。シミやシワ、たるみなどが目立つ肌はどうしても老けてみえてしまうので、若さを保つには肌の美しさは欠かすことができません。

MELLIFE(メリフ)の効果を辛口評価で徹底レビュー!3ヶ月間使用した私の口コミを暴露します!

私の場合は、年齢のわりには、しみや小じわ、たるみなどは目立たないほうです。それでも、やはり悩みはあります。体重が減少気味で、40キロを切れることもしばしばです。身長は163センチなので30キロ台ではかなり貧相に見えてしまいます。40キロ以上を保てると顔の肌もふっくらした感じを維持できるのですが、30キロ台に落ちると頬もこけてきますし、肌も薄くなったように感じます。

そうなると、女性らしさも減少し、男性的な顔立ちになるのも悩みです。若々しさの維持には、肌のふっくら感は欠かせないものとなっていますので、体重を落としすぎないことも考えていく必要があります。できるだけ3食きちんと食べようとしていますが、仕事の関係で昼食は抜きということも珍しくありません。美肌を保つための栄養素も不足しがちなので、マルチビタミンやミネラルのサプリメントも摂るようにしています。寝不足をしたときは、特に肌も衰えて見えるので、今後は睡眠の改善も考えていきたいと思っています。

ほっぺたのそばかすと鼻の下のほくろに悩んでいます。

社会人になりたてのころからほっぺたのそばかすに悩んでいます。左右対称ならまだしもなぜか右側に多くそばかすがあります。ラントゥルース

無数にあるのでファンデーションでも隠し切れず、右側だけ暗い印象になってしまうことにずっと悩んでいます。速乾性のコンシーラーを使うと何とか隠せるのですが、笑ったりするとすぐにコンシーラーがよれて化粧が崩れてしまうので、最近はあきらめてずっとマスク生活です。また、もう一つ、鼻の下のほくろにも悩んでいます。なんどか取りたいなと思ったのですが、その後のケアなどが大変そうだなと思い、いまだ取らず残ったままです。

ちょうど鼻の穴の下にあり、3ミリほどでぷっくりしているので、遠めに見たら鼻くそがついているように見えることがとてもコンプレックスです。

ぷっくりと立体になっているので、メイクで隠すことはできず、困っています。昔からほくろ自体は同じ場所にあるのですが、年々立体度が増してきているような気がします。気にして触ってしまってその刺激で悪化しているのではないかと心配しています。そばかすもほくろもレーザーでの治療になるかと思いますが、うまくいかず、顔に傷が残ったり、さらに印象が悪くなってしまうのは嫌だなと躊躇してしまいます。

何故肌は荒れてしまうのか? 肌荒れの本質を探る

肌のコンディションは人生を左右すると言ってもないくらい男性にとっても、女性にとっても大切なもの。

肌が荒れている日は気分が上がらないし、何となくパフォーマンスが落ちてしまいますよね。

誰でも出来るだけ綺麗な肌を保っていきたいものですよね。

だからといって、薬を塗ったり、スキンケア商品を買っても全然良くならない方が大多数かもしれません。

そこで今回は、肌トラブルの本質について探っていきます。

肌荒れの原因にはどのようなものがあるのか見ていきましょう。

1:乾燥

肌にとって乾燥は超がつくほどの大敵です。

特に冬は暖房等により室内の湿度が低下する事により、肌が乾燥してしまう事が多いですよね。

肌は常に潤してあげましょう。面倒かもしれませんが、日々の積み重ねにより大きく変わってきます。

2:紫外線

http://www.alsasports.com/

紫外線は肌のトラブルに大きく関わってきます。

適度な紫外線は、ビタミンDを増やしてくれたり、体内のリズムを整えていく上で必要なものですが、過度な紫外線は肌荒れだけではなく、皮膚がんなど様々な問題を引き起こす原因になっていまします。

紫外線は夏だけというイメージがあるかもしれませんが、一年中降り注いでいるので、冬でもしっかりと対策する事が大切です。

3:生活習慣

生活リズムが不規則だったり、偏っている栄養バランスの食事は自律神経のバランスが崩れて肌のトラブルを引き起こしてしまう原因になります。

現代ではスマートフォンやパソコンの見過ぎにより、睡眠の質が低下しそこから肌があれてしまうという方が多いかもしれません。

睡眠は肌にとても大切な要素になるだけではなく、全体的なコンディションの維持にも必要不可欠なものです。

4:間違ったスキンケア

肌を気にしすぎて常に触ってしまったり、肌に強い刺激をいれたり、出所のわからないスキンケア商品を大量に使用するのは肌トラブルの原因を引き起こしてしまう可能性があります。

スキンケアに力をいれているのに、中々効果がでないという人は、一度自分のスキンケアを見直してみるのをオススメします。

ニキビは潰しちゃダメ!は間違いだった?経験者が対処法を伝授!

「ニキビを潰すと跡が残るからダメ!」

「ニキビは放っておけば治るものだ!」

みなさんは、こんなことを周りの人から言われたことがあるんじゃないでしょうか?

ビューティーオープナージェルの効果を徹底検証!購入して3ヶ月使用した私の口コミ評価!

ですが、断言します。

「ニキビは放っておくと跡になります。」

この記事は、小学校高学年から、思春期を超えた現在までニキビに悩まされている私が書いています。

それぞれ個人差はあると思いますが、参考にしてくださいね。

ニキビは引き抜くもの

ニキビを潰すのはよくありません。

具体的に言うと、「ニキビの周りを押し、白ニキビの先端から破裂させるように中身を押し出す」のはやめてください。

なぜなら、ニキビの芯が肌の内部に残ってしまい、また繰り返しニキビができてしまうからです。

私のおすすめのニキビ排除方法は、「引き抜く」です。

具体的に言うと、「ピンセット又はつめでニキビの先端をつまみ、引っぱる」です。

こうすると、ニキビの上辺だけがきれいに取れて、芯の部分が丸々肌の内部に残るんです。

その後、「ニキビの周りに両指をあて、押し出す」と、芯の部分が丸ごとゴッソリとれます。

どの段階でニキビを潰すの?

ニキビができてしまうと、すぐに潰したいですよね?

ですが、ニキビ跡を残さないためには、ちょっと成長させてから引き抜くのが大事なんですよ。

ニキビは成長させてから引き抜こう

ニキビは放っておくとどんどん成長していきます。

膨らみ過ぎたり、こすれたりするとつぶれて、跡になる可能性があります。

それを防ぐには、

・硬くなる寸前

・白から黄色になりかけたとき

・サイズが少し成長したとき

を見極め、引き抜くことが大事です。

ニキビができてすぐに引き抜くと、まだ中身がドロドロのままなので、肌の奥からニキビ成分がまた分泌されてきます。

そうなると小さいニキビが繰り返しできてしまいます。

なので、少し成長させてから引き抜くときれいに治るんです。

まとめ

1.ニキビは少し成長させたあとに、ピンセット又はつめの先で引き抜く。

2.周りを両指で押し、ニキビの芯を丸ごと押し出す。

いかがだったでしょうか?

この方法はあくまで私自身が試行錯誤の末に見つけた方法なので、みなさんのお肌に合うかはわかりません。

ですが、試してみて損はないと思います。

ニキビ・ニキビ跡で悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。

妊娠中の肌荒れ

妊娠中ってこんなにも肌が荒れるんですね。

今までも上唇や目元の乾燥はあったのですが、化粧水でパックしたり、クリームを塗ることでなんとか持ちこたえてきました。

しかしながら今年は、妊娠したことも重なってかなりボロボロになってしまいました。

一番最初は唇とその周辺の著しい乾燥。つわりなどでお手入れもサボり気味だったことが良くなかったのかもと思いましたが、明らかにそれだけではない悪化具合・・・

いくらクリームを塗っても、こまめにつけても、パックしてもなかなか改善しませんでした。

チェルラーブリリオは販売店での市販はなし!

そのうちに今度は目元の乾燥が始まりました。

右目が特にひどく、瞼と目の下が赤くただれるような状態に・・・

口周りに関しては、このコロナ渦の影響でマスク必須でしたのでごまかせましたがさすがに目元となると隠し切れませんでした。

かゆみなどのせいで化粧もろくにできず恥ずかしながらすっぴんで過ごすことも多かったです。

今も化粧水やクリームを変えてみていろいろ試しています。

食生活も影響していたようで、どうしてもお菓子の買い食いなどをしてしまっていたのですが、その割合を減らしてなるべくバランスの良い食事と間食も少し控えるようにしています。間食してもなるべく無添加のヘルシーなものや果物を選ぶようにしました。

そのおかげなのか、最近は少し肌の調子もマシになってきたように感じます。

妊娠中におこる体調のトラブルは、赤ちゃんにママの毒がいかないように一種のデトックスをしているせいだという話も聞いたことがあります。

だとしたら、今起きている肌荒れもしょうがないかなー

出産したらちゃんと治るといいなー

これからも気長にお手入れしながら出産まで準備しようと思います。

アラサーお肌の曲がり角!?!?

つい最近まで何にもしなくても、モチモチツルツルのお肌を保てていたはずの私のお肌・・・

ととのうみすとの口コミを完全レポート!使い方から効果までを暴露します!

25歳を過ぎた事からくすんできたり、赤みが気になったり、小鼻の毛穴が目立ったりと肌に関する悩みが出だしました。ノーファンで外出していた日々も夢のことのよう・・・最低でも赤くなっだ小鼻にはカバーが必要です。

母親や職場の母親世代の方々からは、『まだまだ若いから何にもしなくて平気よ!』なんて言われますが、それは間違いだと思うのです。

今は小さな悩みでも、10年、20年と経つともっとお肌の悩みは増えます。

そこで私は最近、プチプラの化粧水からいわゆるデパコスと言われる少し高めの化粧水を使用することにしました。パックも取り入れ、2日に一度は毎晩パックをしています。また、ビタミンB2B6、ビタミンCのサプリは毎日飲み、野菜も積極的に摂取しています。

さらになんと!月に一度は美容皮膚科に通い施術を受けることにしたのです。フォトシルクプラスを二回、レーザートーニングを二回行いました。すると、前まで気にしていた毛穴があまり気にならなくなったのです。フォトシルクプラスやレーザーターニングは毛穴を小さくする効果があります。ダメ元で自己投資してみた美容皮膚科、結果かなり効果がありました。毎月毎日ケアをしていても、老化は止まりません。今後も諦めず根気強く様々なアンチエイジングを施し、モチモチツルツルのアラサーのお肌をキープしていきます!

ついに私にも現れた、消えないほうれい線

40歳になったら、自分の顔に責任を持て、と20歳ころから、この言葉を何度か聞いてきました。どういう意味なのかは、まだ肌がきれいな若い時分にはよくわかっていませんでした。しかし、時が過ぎ、40歳近くになって、少しずつ分かってきたこと。それは、いつまでも若く美しいままではなく、確実に自分が年を取り、顔にもシミ、目じりのしわ、消えないほうれい線が、徐々に現れ始めてきたことです。

http://aproeval.org/

20歳ころから、日頃の手入れが大事だよ、という先輩からのアドバイスもよくしてもらっていたものの、ずぼらで楽観的な私は、化粧水・乳液・美容液のオールインワンを常に愛用し、メイク落としも拭くだけで落とせるシートで簡単に済ませていました。さらに仕事で疲れた日などは、メイクOFFできずに寝てしまうという最悪なことも、少なくありません。

メイクOFFせずに寝ることは、雑巾で顔を拭くようなもの、とか、1日洗顔せず寝てしまったら、1歳年を取ったくらいダメージが大きい、と聞きました。若いときにはそれほど心配していなかったきれいな肌はやはり、年とともにダメージをうけ、おそらく簡単でずぼらな手入れが、今付けが回ってきてしわやしみ、くっきりとしたほうれい線を作り上げたのではないかと、しっかいと心当たりがあります。

混合肌+敏感肌の救世主!

わたしは子どもの時から、混合肌のうえに敏感肌なので、使う化粧品をかなり選びます。

評判どう?FACEEリキッドセラムプラスの真の口コミと効果を赤裸々レビュー!

メイク落とし~基礎化粧品・ベースメイクのアイテムはしっかり選ばないと、すぐに赤くなったりニキビができたり…。

有名で高価な化粧品を1年以上使用しても改善することはありませんでした。

20代半ばにさしかかり、ほうれい線が気になり始めた時に今の基礎化粧品に出会いました。敏感肌用のブランドのキュレルです。

使用した瞬間から「あ、これいいかも」と思える程スッと肌になじんだので、私の肌にはピッタリだったようです。

乾燥によるほうれい線だったので次の朝からはほとんど気にならなくなりました!

現在は、ジェルメイク落とし・泡洗顔料・化粧水(しっとりタイプ)・乳液を使用していますが、そろそろ年齢肌も気になり始めたのでクリームも取り入れようかと思っているところです。

キュレルに出会ってから、ほかの基礎化粧品を使わざるを得ない状況になった時以外はずっと愛用しています。ほぼすべての化粧水で肌が荒れてしまう私の肌を救ってくれたので本当に感謝しています!

肌の悩みも、合う化粧品も本当に人それぞれなので、自分に合った化粧品を見つけた時は凄く嬉しいですよね。

気づいていないフリをしていましたがそろそろ限界です

年と共にお肌の悩みは増えていく一方ですが、わたしは敢えて気づかないフリをしていました。

日焼けやメイクをしたまま寝てしまうなど肌に直接悪影響を及ぼす行動や、

寝不足や不規則な生活、飲酒、タバコなど本当に肌の事を一切考えていませんでした。http://www.rc-leipzig.com/

本当のところ少しは考えていたのですが、言うほど酷くはならないだろうと安易に考えていたのです。

しかし、年齢を重ねると共に肌のハリはなくなりシミが出てきて、

メイクをしても目立つ程毛穴の開きも気になるようになってきてしまいました。

慌てて化粧水や美容液などを替えてみたのですが、手遅れなのか合うものになかなか出会えないのか肌が回復することはありません。

10代の肌に戻るとは考えていませんが、せめて乾燥のバリバリ肌や毛穴の開きが目立たなくなるようにはしたいのですが、

やはり一度怠ってしまった肌へのケアはなかなか難しいようです。

今更後悔しても遅いのですが、時間が戻せるなら絶対にお肌のケアをおこたわらないようにします。

ケアをサボってしまった分のツケを取り戻す為色々な方法を試していますが、これはこれでお金がかかってしまいます。

ただ、ここで断念してしまうと年齢と共に更に悪化していくと思うので、

子供や旦那に若々しい居てほしいと言われている分ケアを大事にしていきたいと思います。

シミしわたるみの悩み

いくつになっても美しくありたいと願っています。。年々お肌の悩みは増える一方で嫌になります。張りのなくなった肌はしわもシミもくすみを更に目立たせてしまいます。

特にほうれい線と目元のしわは鏡を見る度ため息が出てしまいます。美容液、保湿クリーム等良いといわれるものを試しては見ますが、さほど効果は感じられません。http://www.makadem.com/

美容ローラーを試したり、ユーチューバーの動画を参考にメイクを工夫したりできる範囲であらゆること試しています。嘆いてばかりもいられないので、少しでも効果があったものに関しては頑張って継続するようにしています。最近ハマっているのがバームクレンジングです。

肌に乗せた瞬間からじゅわーとなじみ摩擦もなく短時間でメイクや汚れを浮かし落とすことができます。その後の肌の乾燥ツッパリ感もなくとても気に入っています。何か一つでもお気に入りのコスメがあると単純なものでテンションが上がります。フェイスパック等も良いですね。パック後はしっとりとしわも目立たず艶やかになり、うれしくなります。

ただ、寒くなると肌に乗せていることが少し苦痛になってきます。そして、冬場は何といってもお風呂です。お気に入りの入浴剤を入れゆっくり入浴し疲れを癒すことが実は一番の美容効果かなと思うこの頃です。

仕事に行かないから化粧をする必要がない

新型コロナウイルスの影響で、約2ヵ月くらい休業していました。モイスポイントの効果と私の口コミ!届いた様子から解約方法まで全解説!

仕事に行かないから化粧をする必要がなく、すごく楽だなーと思っていました。

私は、もともと混合肌で肌も強く、ニキビなんてめったに出ない肌質でした。

自粛期間中に生活リズムは崩れ昼夜逆転、食生活も気づかないうちに脂質を多く摂る生活に変わっていました。

いつの間にか肌が脂っぽくなっていて、化粧はしてないけど洗顔は毎日してるのにどうしてだろうと不思議な気持ちでした。

節約のために化粧水を変えたのが問題なのだろうか?

化粧をしなさすぎるのもよくないのではないか?

などと、理由を探しました。

化粧をしないのが肌に悪いなんて聞いたことなかったですが。

ニキビが2個3個…と次から次へと現れました。

今まであまり出来なかったのでなおさら気になって触ってしまって、

潰してしまって、またそこから再発して…と負のループです。

年齢とともに肌質も変化するとは聞いていましたが、まさかここまで急に変化するなんて驚きました。

今は仕事も再開し、元の生活に戻り、化粧水も戻しスキンケアもしっかりしてだいぶ落ち着いてきましたが、まだまだ元の肌には戻りません。

これから乾燥の時期が来るのでもっとひどくならないように努力しようと思います。

私はお肌が混合肌でいつもケアに迷います。

私はお肌が混合肌です。これは自分で多分そうだろうという感じで決めているので実際にどうなのかわかりません。ただ、自分が季節の変化でとてもお肌が変わるのでそれでそう感じています。特に夏場は結構てかてかになってしまうのであまりクリームは塗らないのですが、冬場になると感想をものすごくするのでとてもしんどく思います。

http://seriestemporales-ieo.com/

それにとても乾燥してしまうと突っ張ってしまうためにいろいろなクリームを塗らなければやっていけないような感じです。なので最近は結構いろいろなことに気を付けて行っている感じです。私はお肌が今の状態はあまりよくないと思っていて、もう少し自分のお肌のためにできることをしていかなければならないなと思っています。

なので最近はあまり紫外線に当たらないように心掛けたりと夏場特有のいろいろな対策を行っているところです。今まで以上にいろいろとケアをしていくと、その成果が出てくると思います。

なのでもう少ししっかりとケアをしていって、今まで以上にお肌の状態が良くなっていけるようにしたいなと思っています。今の状態は今までで一番最悪な気がしています。なので少しでもいいので少しずついい状態に戻したいなと思っています。

しつこい大人ニキビは洗顔のしすぎ?

私は10年近く大人ニキビに悩まされてきました。
気付いたらできているアゴや頬にある赤い曲者。
治ったと思ったら色素沈着でシミになる。

MELLIFE(メリフ)

この悪循環にハマり日々憂鬱な気持ちで過ごしていました。
しかし私は2つのことを徹底したら大人ニキビが激減しました。
それは洗顔のしすぎをやめることとメイクをするならパウダーファンデーションを使うことです。
今までの私は夜クレンジングでメイクを落としたあと石鹸でW洗顔をしてからスキンケアという流れでしたが、夜はW洗顔不要のクレンジングにして朝はぬるま湯でささっとすすぐ程度にしました。

そしてファンデーションは今までニキビを隠すためにとカバー力の高いリキッドタイプを使用していましたが、パウダータイプに切り替えました。
すると不思議なことに大人ニキビが激減したのです。

自分なりに色々調べてみると洗顔のしすぎで肌荒れを促進させている、リキッドファンデの厚化粧で毛穴を詰まらせているそうです。
今まで小鼻の角質も出てきてザラザラした感触でしたが今はつるつるになりました。
大人ニキビも激減し今まであった色素沈着してしまったニキビ跡も少しずつ薄くなってきました。

W洗顔不要のクレンジングに切り替えて朝はぬるま湯でささっとすすぐ程度にして、パウダーファンデを使ってみてください。
大人ニキビに悩んでいる方にはぜひオススメしたいケア方法です。