月: 2020年6月

やり方は簡単!糖質制限ダイエット!

私は糖質制限ダイエットで56kgから-7kgのダイエットに成功しました!

糖質制限ダイエットは、とにかく簡単なのでおすすめですよ~!

主にやることは、たった1つ!

【 糖質を摂らないこと 】

これを心がければ、さぁ糖質制限ダイエットの始まりです♪

私が糖質制限ダイエットを始めて決めたルールを紹介しますね!

①炭水化物は摂らない → 「ご飯」「パン」「麺」は「豆腐」「こんにゃく」などに置き換える

②甘い飲み物は飲まない → 「水」「お茶」「ブラックコーヒー」を飲む

③何かを食べる時は必ず栄養成分表示の「糖質」をチェック!

④毎日決まった時間に体重計に乗って記録を付ける

まずは上記のようなことから始めました!

③の「栄養成分表示」をチェックするクセを付けると、どんな食品に糖質が多いのか、自然に覚えるようになります!

そして、④の体重計測を続けることにより、明日の自分への喝を入れることができます!

最初は糖質制限だけでも少しずつ結果が出るのですが、ある程度の時期に入ると「停滞期」に入ります…。

そこで自分にムチを打てるかが勝負の分かれ道!

これ以上やっても無理と諦めるのか…。

せっかくここまで減ったんだからと頑張るのか…。

そこで自分との戦いに勝つことができれば明るい未来が待ってます♪

糖質制限ダイエットは、やり方自体は簡単なのでダイエットが初めての人にもおすすめです!

負けず嫌いの人、甘い物の誘惑に勝てる人は、糖質制限ダイエットを頑張ってみてはいかがでしょうか?

【80キロから57キロに!】糖質制限メインで23キロ減量成功

子供のころからずっとぽっちゃり~デブだったわたし。

食べるのが大好きで、動けるデブだったし(小学校時代は6年間リレーの選手、中学校もバレー部)、友達も多いしで

全然悩みなんてありませんでした。ダイエットしようとも思いませんでした。

が、社会人3年目でクライアントとお茶をしていたときにその方がライ〇ップに通っているというお話をききました。

糖質ダイエットについて1時間ほど熱く話をされて、実際その方が短期間で別人かと思うほど痩せており、

「カロリーは気にせず、糖質が低いものならなんでも食べてよい、いくらでも食べてよい、焼肉・焼き鳥・刺身食べ放題!」

という言葉に引かれなんとなーくやってみようかなと見様見真似ではじめた糖質制限。

のちのちカロリー計算も大事なことがわかったのですがとにかくお腹いっぱいになるまでお肉屋やチーズ、ナッツなどを食べまくる生活。

もともとお菓子より食事がすきで、お腹いっぱいになれば幸せだったので糖質制限ダイエットはそこまでつらくありませんでした。

周囲にはダイエットしていることが恥ずかしくてなんとなく隠していたのですが、10キロやせたあたりからとにかく「痩せた」「痩せた」と

言われ始めそれが快感に。

15キロくらい減ったところで、減量がとまってしまい周囲からの「痩せた」コールもなくなり、承認欲求が強い自分は

「もっと痩せたい!」と他の方法を模索し始めました。

昔は痩せることより食べることのほうが重要でしたが、この時点では痩せることが食べることより好き?になっていたので

それまでずっと遠ざけてきた運動を取り入れました。週3-4ジムに通い、ウォーキングをしたり走ったり。

カロリー計算も開始し、ごはんやパンも食べながら消費カロリー<摂取カロリーを意識。

仕事でもプライベートでも飲み会が多いので単日計算ではなく週単位で調整しました。

そうするとさらに体重が落ち始めついに60キロの壁突破。周囲からまた「痩せた」コールが。満足してジムもカロリー制限も継続できています。

もともと食べるのが大好きなので、今はリバウンドしないように週単位のカロリー計算は継続しつつ、食事制限を少し緩めにしています。

もともと30歳のうちには50キロ台にという思いがあったので達成できてよかったです。

今は少しダイエットさぼっていますが、できれば52-3キロになりたいので有酸素運動だけではなく筋トレも始めようかと思っています。

沢山食べてゆるく落とす、糖質制限ダイエット

実際私がおこなったものを紹介します。

聞いたこともある方も多いと思いますが、「糖質制限ダイエット」です。

運動で体重を落とすより、目に見えて落としやすいのはこの方法でした。

まずはある程度落として、そこから太りにくい体質を

作って持続させていきます。

具体的には、

「一日の糖質摂取量を100~120g」にします。

52㎏⇒45㎏まで落としました。

私が実際行っていた食事を紹介します。

①朝食

白米と納豆、もしくは白米と卵焼き

②昼食

お味噌汁、サラダ、ゆでたまご

③豆腐など発酵食品を使った食事や赤身の肉を食べる

豆腐料理

赤身の肉のステーキ

納豆やゆでたまご

間食:さけるチーズなどチーズ系

お酒:赤ワインと白ワイン(シャンパンやビールは糖質が高いです)

気をつけていたことは、

1、イモ系の食事は避ける!

ポテトチップス、フライドポテトなど。大好きな食べ物なので、中々恋しくなりますが。

完全に抜いてしまうと反動が怖いので、食べたいときは個包装のものを食べたり。工夫すると良いです。チーズやナッツ類(無塩がおすすめ)はOKなので、それに替えるのありです。勿論甘いものも糖質が高いものが多いです。

2、白米は一日お茶碗に1杯分が目安。

お米を食べる代わりにゆでたまごをよく食べていました。

3、麺類は極力避ける

パスタやラーメン、うどんなどは粉系は糖質が高いです。

糖質が低いものを選んだり、いつもの半分の量にして、他のもので代用するのもありです。例えば、焼きそば。麺を半分にして、もやしで代用。

4、食事は抜かない!三食きちんと食べる!

とても大事です!三食きちんと食べてください。1食抜かして、ダイエットすると、

体重は落ちやすいです。ただ、それを体が覚えてしまうので、食べる量を増やしたときに、体がいっぱい食べてる!と勘違いして、太ってしまいます。

食品の表示に「糖質」と記載があるので、ぜひチェックしてみてください。

炭水化物=糖質です。

ダイエットで一番大切なことは、持続させることです。

自分にあったやり方でゆるく体重を落とすことがコツです!

健康維持のためにも頑張っていきましょう。